不動産の買取

不動産を業者に買取りしてもらう際の、どんな感じかといったことですが、土地や家など不動産の売却をするにはその仲介を不動産会社に依頼して、売地や売家の広告を出してもらうということをするかと思いますが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。

 

この方式ですと、不動産の買取額は不動産会社によってそれぞれ違っていると思いますからその不動産の買取価格についてその会社の評価額を正式な金額を提示してもらっておくことが必要です。ここでのポイントは、この金額は業者により差があるのでその不動産業者の買取価格が予想より低かったら他の不動産会社をあたってみるといいかもしれませんし、あらかじめ数軒の不動産会社に売却したい物件の査定の依頼をすることをすべきではないかと考えます。

 

不動産会社によっては、仲介物件ということで広告をして買い手が見つからなかったら不動産会社で買取りをする検討をするといったケースもあるようです。しかし、現実問題として仲介をして手数料収入をえることより買い取った場合の方が利益が大きいために、実際には、買い手を見つけることはできたとしても、買い手が見つからなかったと言って不動産会社が買い取ったという形にして足元を見て安い価格て買取りしようとして転売して大きな利幅を出そうとする悪質な業者も現実にありますので、騙されないためにも何社かに査定をしてもらうのです。